キッチンのリフォーム

今ブームのキッチンリフォーム

昨今、キッチンリフォームが大きく注目されています。キッチンは生活の中で必要不可欠な場所ですし、家族が一番行き来する空間でもあります。その空間をどのようにリフォームにするか、設備リフォームの中でも悩む場所です。また、キッチンは火、水を使う為、劣化しやすい場所でもあります。耐久性、安全性にも十分な配慮が必要です。

キッチンリフォームのポイント

  1. 現在お住まいの建築工法を把握しましょう。例えば、(戸建住宅、在来工法・、木造、鉄筋コンクリート)
  2. 自分のイメージや生活環境などライフスタイルを明確にする事。
  3. キッチンのスタイル

キッチンのレイアウトは(2)の生活環境や生活導線によっても異なります。キッチンの形態は主に、*1オープンスタイル、*2セミオープンスタイル、対面式、*3クローズスタイルなどがあります。リフォームをする際には、生活スタイルに合った最適なキッチン空間スタイルを選択しましょう。

※1オープンスタイル
  • 調理から配膳への作業動線が短いため、作業する人にとっては動きやすいです。
  • 家族のコミュニケーションが身近になります。小さい子供のいる家庭でも目が届きます。
※2セミオープンスタイル
  • 下がり壁やドアを付けることでオープンな雰囲気を保ちつつ、料理の手元やキッチン内の繁雑な部分を隠すことができ、煙やにおいの問題もある程度解決できます。
※3クローズスタイル
  • キッチンから発生する煙や音、汚れ物などに気を使う必要がありません。
  • 来客も気にならない。主婦が料理に専念でき、快適な台所空間となります。

キッチンのレイアウト

I型キッチン

キッチンセットを一列に並べたレイアウトです。調理中の動きも直線ですみますが、ラインが長すぎると動線も長くなり、かえって作業効率が悪くなってしまいます。

II列型キッチン

コンパクトなスペースで、作業面積・収納を多くとれるレイアウトです。キッチンセットの並べ方を工夫すると、機能性がアップします。 2列の間の間隔は、調理する人数に応じて決めますが、目安として2人作業で120cmとします。

L型キッチン

比較的単純なレイアウトです。コーナー部分を活かすと、調理スペースもたっぷりとれますが、カウンター下などをデッドスペースにしないような収納の工夫も必要です。食器棚の設置スペース確保も重要です。

U型キッチン

一般的にはスペースが必要ですが、U字の真ん中の部分は、90〜120cm程度の適度な狭さの方が、動線を短縮できます。シンクの前にカウンターを据えてオープン にすると、家事をしながらでもコミュニケーションが図れます。

アイランド型

中央にキッチンセットの島をつくります。I型やL型キッチンと組合せ、レンジやサブシンクをアイランドに…というケースも多くなっています。多人数でにぎやかにお料理を楽しみたい家庭向きです。

ペニンシュラ型

L型、U型の一部が半島のように突き出したレイアウト。オープン型キッチンに向いています。半島の部分は内側にシンク、外側にオープンカウンターを据え、対面式にします。

機器について

使いやすくなった壁面収納

昇降吊戸棚 …電動で昇降し窓前設置でも光を遮らないワイヤータイプ。下段は水切棚として使えます。

スイングダウンウォール…収納物の重さによって3段階のスプリング調整が可能。軽い力でよりスムーズな昇降ができます。

スイング&ロングタイプ吊戸棚…目の高さに設置されたフリースペースと高さ90cmの吊戸棚が優れた収納機能を発揮します。

シングル水栓とビルドイン水処理機器

アルカリイオン水は、浄水カートリッジで遊離残留塩素や濁りを除去し、電気分解することによりつくられます。薬事法に基づいて承認されているアルカリイオン水には効能・効果も認められております。

食器洗い乾燥機

トップオープン型 …システムキッチンのシンク横に設置し、食器類を上から出し入れする5人用タイプで、腰を屈める必要がなく、汚れや水垂れが床に落ちる心配が無い。

引出し開閉式
プルオープン型

…扉を引くと水槽も引き出され食器類を上から出し入れするタイプで汚れや水垂れが床に落ちることも少なく、45cm幅5人用、60cm幅6人用のタイプがある。カウンターの下に組込んで、籠の位置が床置き式のものより上の方にあるので出し入れの面でも楽である。

シンク下組込み式…シンク下に組込んで使うタイプで45cm幅4〜6人用があり、シンク下以外の収納キャビネットが有効に使用できます。後付け設置も比較的容易で、後付け用設置部品を備えたものもあり、シンク下なら間口180cmから選べるビルトインプランも可能です。

フロントオープン式…扉を手前下へ開いて食器かごを出し入れするタイプで、30cm5人用、45cm6人用、60cm10人用のサイズがあります。

生ゴミ処理機

生ごみ処理の悩みを軽減臭い汚い煩わしい…面倒な生ごみ処理作業が軽減できます。

加熱機器(ガス・電機)

IHクッキングヒーターとは、電気の力を使用する調理器です。加熱方法は、大きく分けて2種類(IH方式・ラジエント方式)あります。火を使わない・お手入れが簡単・豊富な機能、その他にもたくさんの利点がありますがなんと言ってもヒーター部と鍋を密着させるため、熱効率に非常に優れており、省エネ仕様という点が支持を得ているようです。ガスリフォーム時などにシステムキッチンなどにビルトインするタイプと置き型のガステーブルが主流です。4000kcal/h前後の火力の強いバーナーとそれ以下のものを組み合わせた3つ口タイプが最も一般的です。油が過熱したり、鍋底が焦げ付いたとき、消し忘れの際に自動消火する安全機能や、揚げ物油の温度調節機能付きも。また、プロ仕様に近い8000〜10000kcal/hのハイカロリーバーナーもありますが、採り入れるには排気や防火に留意が必要です。

自動消火装置

居室、台所の天井や壁、レンジ用フードの上部に取り付けることにより、万一火災が発生した場合に熱又は炎を感知し、自動的に消火薬剤を放出して消火する装置です。